ものづくり支援

ものづくりマネージメントネットワーク

ものづくりの最適化のご提案

当社は関東圏を中心に製品開発や金型設計、製造、試作、成形加工、溶接に至るまでの提携アライアンスを構築し、さらなる連携や協業、設備の共同利用を推進しております。 またコストパフォーマンスに優れた中国を中心とする製品製造のアジアネットワークを確立しておりますので、緻密な連携を必要とする国内業務と、コストパフォーマンスと 生産能力の高い海外業務のバランスを適切に按分し、最適なものづくりプランをご提供いたします。

設計や開発、品管など核心的業務は国内で、コストパフォーマンス重視の業務は海外で対応

KZコーポレーションは、製品をご提供できる「サプライヤ」という枠組みと同時に、お客様と同じ目線で開発をご支援する「エンジニアリングパートナー」として、 国内外のネットワークを駆使してさらなる製品開発工程の効率化と製品競争力向上をお手伝いいたします。
多くのお客様では、限られた時間や工数の中で複数の製品開発を求められる中、金型製作開始後の手戻りや成形トライ不具合の発生で多くの時間を取られ、 狙い通りの開発効率が実現しないといった課題をお持ちです。
手戻りや不具合の無い開発の実現には、設計段階で製品データの完成度を上げ、設計意図を確実に伝えることが重要です。
重要度は理解していながらも、多くのお客様の現状は、金型成形メーカーとの製品データ確認や設計意図の伝達に費やす時間を十分に確保できません。
KZネットワークでは、1,000型以上の金型製作実績により確立した経験値やノウハウを活用し、お客様の製品設計業務と並行して、 製品データの生産要件チェックや金型製作の仕様検討を開始します。
そして、その検討結果を短時間に反映することで、製品データの完成度を向上させます。
さらに、製品設計検討をお客様と共同で行うことで図面やデータには載らない設計意図を抽出します。
これにより、事前の打ち合わせ無く即時金型製作に取り掛かることができ、且つ、トライ時に発生する不具合や手戻りを未然に防止することができます。
製品設計で検討した意図が金型および成形品で実現されているかまで、「エンジニアリングパートナー」として支援いたします。

金型・製品のQCDを向上し、開発担当設計者様の業務負荷を軽減させるためのご支援をいたします。
金型製作前には、製品のデータを確認して金型成立性・製造要件を加味した金型仕様を作成し、製品データ修正をご提案いたします。 製造開始後は、金型製作・成形・二次加工を含むすべてのスケジュールをKZコーポレーション独自のシステムで管理し、常に最新の進捗状況をお客様に報告いたします。 トライ後には、製品検証結果をレポートすることで、技術の蓄積に貢献いたします。 これにより、不具合の未然防止/再発防止、トライ回数削減によるリードタイム短縮を実現します。

設計実習・金型製造実習・ものづくり人材育成事業

「日本のものづくりの伝統」を後世に脈々と受け継いでいくため、設計から金型製造、成形加工まで、「ものづくり」におけるさまざまなノウハウを伝授いたします。
お客様のニーズにより、当社の国内外提携拠点での実地研修や、集合研修(講演等)など、若い技術者の育成を支援いたします。内容や費用についてはご相談ください。

参考資料 → 機械設計士 / 金型製作技能士